ラブラブだった頃へ戻ろうとしないこと

ラブラブだった頃へ戻ろうとしないこと

セックスレスで悩む女性が「夫と出逢った頃のラブラブな関係に戻りたい…」とこぼしていました。
しかし…、そんな必要はないのです。
本当の愛に気付くことが大切です。本当の愛は、ラブラブ感を超えるもの♪


愛と恋の違いに気付く

40歳を過ぎて知った男女の真実の1つに、
愛と恋の違いがあります。

 

 

多くの男女がここをしっかりと区別できていないから、
「昔は違った…」などと、
男女関係をこじらせてしまうのではないかと思います。

 

男女が出逢い、
お互いに惹かれると恋に落ちるとラブラブ感を感じます。

 

自分の世界が恋人を中心に周り始めます。

 

でも、不思議とこのラブラブ感は長くは続きません。
1年から3年くらいでしょうか?

 

デートする頻度や性格によって異なると思いますが、
ある一定の時間が過ぎると、
まるで魔法が解けたかのように
徐々にラブラブ感が惹いていき感じなくなっていきます。

 

人によっては、
「愛がなくなった…」と表現する人もいます。

 

出逢った頃に戻りたいと考える人もいるでしょう。

 

とくに、セックスレスで夫婦の営みがなくなり、
なんとかその状態を解消したいと思っている女性は、
昔のラブラブ感を感じる関係に戻りたいなと考えるでしょう。

 

しかし、ラブラブ感を感じなくなるものなのです。

 

それが正常なのです。

 

どういうことかと言うと…。

恋しているとラブラブを感じる

ラブラブ感は一時的なものです。
恋をすると生まれる感情です。
しかし、恋であって愛ではありません。

 

男女が出逢って、
これからお互いに高め合っていく道を選んだことへの
神様からのプレゼントだと思うと丁度良いです。

 

 

お互いを高め合う道というのは、
時には厳しい試練を伴います。

 

厳しい試練があってこそ、
お互いに大きく成長ができます。

 

そして、厳しい試練を乗り越せるためには、
愛が必要です。

 

別の言い方をすれば、
相手の立場を考えて、
思いやりを持つことが必要です。

 

でも、これを身につけるのが非常に難しい。
いきなりではハードルが高過ぎます。

 

なので、ラブラブ感を感じることで、
出逢った時に疑似体験をさせると同時に、
厳しいことに遭遇したとき、
乗り越えるいくための繋がりを作ります。

 

ラブラブ感を感じている期間に、
本当の愛を学び、
男女の絆を結びなさいということです。

 

自転車に例えるなら、
補助輪の役目があります。

 

自転車が乗れるようになるまで転ばないように、
サポートをしてくれるわけです。

 

この補助輪がある間に、
少しは自転車が上達してないといけません。

 

そして、ある程度乗れるようになってから、
補助輪を外すわけです。

本当の愛に気付く

しかし、多くのカップルは、
このラブラブ感を愛と勘違いし、
ラブラブ感を感じている間に、
本当の愛の絆を構築しません。

 

だから、ラブラブ感の魔法が解けたときに、
男女を繋ぐものがなくなってしまうのです。

 

 

大切なことだからもう一度書きます。

 

本当の愛とは、
相手の立場に立って物事を考える、
思いやりの気持ちです。

 

ラブラブ感は、
男女が出逢った記念に、
神様が特別に与えてくれたものです。

 

魔法が解けるのに1、2年くらいと思っていれば、
丁度良いと思います。

 

その間に男女間を愛で結びなさいということです。

 

ラブラブ感の意味が分かることが、
パートナーとの本当の愛に気付くきっかけにもなると思います。

 

セックスレス解消には、
ラブラブだった昔へ戻ろうとしないことも大切だと思います。

 

本当の愛に気付いて、
本当の愛を築いてください。

 

でも、安心してくださいね。

 

本当の愛 > ラブラブ感

 

ですから♪